コンテンツ

水道の水漏れ箇所を調査してから工事の依頼を

水道料金が想像以上に高く請求された場合、水道の水漏れを疑うべきです。季節によって多少の違いはあるでしょうが、それでも年間を通して水道料金はそれほど大きく上下するものではありません。もし疑わしいと思った場合には、まず自分で漏水していないか調査してみると良いでしょう。

■水道メーターを確認する

漏水していないかどうかを確認する方法の一つとして、水道メーターをチェックする方法があります。一戸建てやアパートの場合には玄関先や駐車場、マンションの場合には玄関を出た隣あたりにあるメーターボックスに設置されている事が多いです。メモリのついていないパイロットを確認するのですが、事前準備として自宅の蛇口を全て閉めておきます。その上でパイロットが動いている場合、どこかで水漏れを起こしているという事になるのです。

■水漏れ箇所を特定する

水漏れしているかどうかを確認し、どこかで水が漏れている事を確認できたら、次はどこで水が漏れているか特定します。調べる箇所はおおよそ限られており、トイレ、キッチン、バスルーム、洗面所、給湯器などがあげられるでしょう。見た目で水が漏れているかわからない場合、それぞれに水を止められる止水栓がついているため、一つずつ閉めてパイロットを確認し、どこで水が漏れているかまず特定してから具体的な調査をすると良いでしょう。

■まとめ
水漏れは目に見えて起こっていなくても、料金として積み重なってしまいます。それほど無駄な事はありませんので原因や場所を特定し、必要に応じて工事する必要があります。自分で修理できない場合にはぜひ、業者に工事を依頼されてみてはいかがでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ