コンテンツ

水道からの異音は工事を検討しよう

水道を扱う時、まれに異音が聞こえる事があります。中には全く問題ないものもあるのですが、音によって工事を検討しなければならない音もあるのです。目に見えない事なので重大性を感じづらいかもしれませんが、異音が聞こえた際にはまずどういう音が聞こえるのか、よく耳を澄ましてみましょう。

■よく耳にする水道の音

水道を使っていると一度は水を出す時にゴポゴポといった音を聞いた事はないでしょうか。これは断水復旧後などに多いのですが、配管の中に溜まった空気が、水道を使用する際に一気に放出される音です。衝撃で蛇口が壊れる例もあるようですが、音が聞こえたら一旦蛇口を閉め、ゆっくりと開けるようにすれば空気が抜けていってくれます。


■この音が聞こえたら注意

水を止めた時、ゴンという音が聞こえた場合、それはウォーターハンマー現象による音です。急に止めた水がパイプにぶつかる衝撃の音で、この現象が繰り返されると水道管が傷んでしまう心配があります。水撃防止や圧力軽減の装置により現象を抑えられます。また、水を出す時にブーンといった振動音がある場合、水栓のパッキンが磨耗している可能性があるため、故障する前に交換するのが望ましいでしょう。


■まとめ
水道のトラブルは不意に起こるものもあれば、その兆候が前々からみられるものもあります。音で異常を察知する事も可能なので、あまり聞きなれない異音が聞こえた場合、工事も視野に入れ、業者へ相談するよう考えてみてはいかがでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ